アンダーヘア脱毛を行う場合に、3つに部位に分けられます。それが、Vライン・iライン・Oラインです。iラインを脱毛するメリットとしては、ニオイ対策になるという事が挙げられます。

脱毛でニオイ対策ができる?

普段はもちろんのこと、月経時にiラインにアンダーヘアがある状態では、毛に排泄物などがついてしまうため、悪臭の原因となってしまう事があります。

脱毛をすることにより、ニオイを軽減することが出来ますし、蒸れやかぶれの予防にもつながります。

また、下着のデザインに関わらず、楽しむことが出来るということもメリットということが出来るでしょう。

デリケートゾーンの自己処理は難しい

ただし、注意しなければならないのは、この箇所の脱毛をするという場合、自己処理で行うのは難しいということです。

カミソリや毛抜きを用いて行うことは、それほど難しくはありませんが、色素沈着を起こしたり、傷をつけてしまう、埋没毛の原因になる可能性があるなどの肌トラブルの原因となる可能性があるためです。

デリケートな部位であるということをしっかりと理解しながら行うことが大切になります。脱毛の方法としては、美容クリニックやエステサロンで黒い色に反応する光やレーザーを照射するという方法や、専用のワックスを用いて、毛を抜き取るという方法などがあります。

光やレーザーを用いる方法は、効果が出るまで時間がかかりますので、無理なく通うことが出来るところで施術を受けるという事が大切になってきます。メリット・デメリットを把握した上で、決めるようにしましょう。

Iライン脱毛で毛が濃くなる原因とは

Iラインは女性器の周りの部分のことをいい、性器サイドという呼び方をするサロンもあります。Iラインの無駄毛は、他人に見える箇所ではないので、あまり気にしない女性も多いですが、伸ばし放題にしておくと、汗や排泄物などがつき、ムレやかぶれの原因になります。

いつもIラインを綺麗にしていれば、かゆみや臭いもなくなり快適に過ごせるようになります。しかし、Iラインは無駄毛の自己処理がしにくい箇所で、鏡をみながらでないと無駄毛の自己処理ができないので、皮膚を傷つけやすくなります。

性器が近い箇所で、皮膚を出血させると感染症をおこす可能性もあるので、やはり脱毛の専門家に任せる方が安心です。

Iライン脱毛は、単発でキャンペーンなどをおこなうサロンは少ないので、費用も高くなってしまいます。できれば、VIO脱毛プランを選ぶ方がお得なこともあります。

Iライン脱毛で硬毛化や多毛化が起こる!?

Iライン脱毛などを、レーザーや光脱毛でおこなうと、毛が濃くなる現象や毛が太くなる現象がたまにおこることもあります。これは硬毛化や多毛化という現象です。毛が濃くなる現象や毛が太くなる現象は、使用する熱量が原因と言われています。

硬毛化や多毛化がおきても、ほとんどのサロンやクリニックでは無料で再施術をしてくれるので心配はいりませんが、できるだけ保証がしっかりしているサロンやクリニックを選ぶことが大事です。

当サイトにて、Iライン脱毛を行うにあたって信頼できるサロンをピックアップしているので、そちらから選ぶといいでしょう。

Iライン脱毛で多数の実績を誇るサロンはこちらから