vio脱毛とは、女性のアンダーヘアの美容脱毛であり、光方式によるエステティックサロンで、またレーザー方式による医療系美容クリニックで受けることができます。

また小さな店舗で行なうサロンでは、ワックスを用いた方法もあります。

デリケートゾーンの脱毛はやっぱり恥ずかしい?

デリケートゾーン周辺の部位ですので、施術を受けるのが恥ずかしいという人もいることでしょう。施術は紙でできた小さ目の下着に履き替え、そのすそを必要に応じてめくりながら行なわれます。

vラインであればさほどのことはないと思われますが、iラインやoラインだと少し抵抗を感じるかもしれません。

iラインの場合はその下着姿で仰向けで横になり、開脚するという体勢になります。女性外性器があらわになるので施術をしてくれるスタッフが女性でも、やはり恥ずかしさがあることでしょう。

そしてさらにoラインはうつ伏せになって開脚気味の体勢で、なおかつ腰を浮かせるという形をとりますので、やはり抵抗があるかもしれません。

それでも実際体験した人たちからは大満足の声ばかり!

iラインとoラインの脱毛の体勢は、やはり恥ずかしいというのが普通の感覚だと思います。しかしそう感じている人は、口コミサイトやSNSなどで発信されているユーザーの感想を見てみるのが良いでしょう。

満足度が高く非常に好意的な感想・意見ばかりであり、施術の際は確かに恥ずかしかったけれど、それを上回ってあまりある満足度が得られるというものです。

また施術を受ける側は恥ずかしいと感じても、施術を行なう側のスタッフは実はなんとも思っていないのですから、割り切って気にしないのが実は一番なのです。

Iライン脱毛と機器の出力の関係

Iラインの脱毛は自己処理の難しい所のためサロンやクリニックで行うのが最適ですが、効果に差が出やすい部分となります。Iラインは色素沈着が強い部位ですから機器の出力を上げられない場合があり、毛の量など個人差によって施術の効果が変わります。

出力を上げるには色素沈着が無いことが条件となりますが、最近では色素沈着があっても施術ができる脱毛機器が登場しているため、以前ではなかなか効果の出なかった人も受けることが可能となっています。

Iラインは女性器の側面ですから特に痛みの強い部位ですが、痛みを和らげる装置が付いていることで色素沈着に関係なく施術が行えます。

今はクリニックで医療レーザーも受けられます

これまでであればIラインはサロンで行うケースが多かったと言えますが、効果の高い医療レーザー機器を使うクリニックでも受けられるようになっています。

Iラインは女性器側面の部分ですが、通常であればVラインやOラインと一緒に施術を行うことが多いと言えます。VラインやOラインの処理をしないとバランスが悪くなりますので、一般にはVIO脱毛と呼ばれ3点セットで行われています。

どの程度まで処理するのかは好みで変わりますが、全てを処理するとハイジニーナと言います。一般にはVラインをデザインしIラインとOラインは全て処理するケースが多いと言えます。

またIライン脱毛で人気がある優秀なサロンであれば、医療レーザーよりも痛みを感じずに綺麗になることができるでしょう。